25
4
2017

OECD-NEAデータバンクを介して利用可能な FISPACT-II 3-20

最新のFISPACT-IIバージョン3-20(2016年12月)は、OECD-NEAデータバンクを通じて、 NEA-1890 FISPACT-II, Inventory Simulation Platform for Nuclear Observables and Materials Science http://www.oecd-nea.org/tools/abstract/detail/nea-1890/ OECD-NEAで取得したライセンスにはさまざまな制限があることに注意してください。 これらの制限のないライセンスは、UKAEAを通じて直接入手することがで
Continue Reading →
22
12
2016

FISPACT-II 3-20-00公報

FISPACT-IIバージョン3-20-00(2016年12月)がリリースされました。 これには、エネルギー依存性核分裂生成物処理、枯渇不確実性、新しいグラフィック出力、自由ガンマ線源離散化、任意の入射粒子エネルギーグループなど、いくつかの新しい主な機能の追加が含まれます。 詳細については、 FISPACT-II wiki を参照してください。 OECD / RSICCチャネルを通じた配信は2017年に開始されます.UKEAを介した直接アクセスについては、連絡先ページをご利用ください。
Continue Reading →
13
7
2016

ORNL RSICC を介して利用可能な FISPACT-II 3-00-00

FISPACT-IIバージョン3-00-00は(2015年10月)米国ORNL RSICCを通してとしてリリースされました: RSICC CODE PACKAGE CCC-836 FISPACT-II Release-3-00-00 https://rsicc.ornl.gov/codes/ccc/ccc8/ccc-836.html RSICCによって得られたライセンスは様々な制限がありますのでご注意ください。これらの制約のないLicencesはUKAEAから直接入手することができます。
Continue Reading →
05
7
2016

OECD-NEAデータバンクを介して利用可能な FISPACT-II 3-00-00

FISPACT-IIバージョン3-00-00は(2015年10月)OECD-NEAデータバンクなどを通じてリリースされました: NEA-1890 FISPACT-II, Inventory Simulation Platform for Nuclear Observables and Materials Science http://www.oecd-nea.org/tools/abstract/detail/nea-1890/ OECD-NEAによって得られたライセンスは様々な制限がありますのでご注意ください。これらの制約のないLicencesはUKAEAから直
Continue Reading →
05
7
2016

利用可能TENDL-2015核データ

709グループ構造ENDF-6形式のファイルでTENDL-2015中性子によって誘発される断面データをそのまま利用できるからです: http://www.ccfe.ac.uk/easy-data/FISPACT … 15data.tgz 圧縮ファイルのサイズは約6.7 GBです。非圧縮データのサイズが30 GBを超えるです。これはかなりの量のデータが含まれていることに注意してください: – Neutron-induced data —-> 709 group cross sections for 294K, 600K, 9
Continue Reading →
05
7
2016

利用可能CENDL-3.1核データ

709グループ構造ENDF-6形式のファイルでCENDL-3.1中性子によって誘発される断面データをそのまま利用できるからです: http://www.ccfe.ac.uk/easy-data/FISPACT … 31data.tgz 圧縮ファイルのサイズは約26 MBです。これにより、ユーザーはENDFdata下でのFISPACT-IIのインストールディレクトリ内の非圧縮ファイルをインストールすることをお勧めします。 注:銀、カルシウム、カドミウム、Clで、銅、ゲルマニウム、水銀、K、S、Snを、タリウム、Vを、WおよびZnは、多くの活性化の分析に適
Continue Reading →