05
7
2016

利用可能CENDL-3.1核データ

709グループ構造ENDF-6形式のファイルでCENDL-3.1中性子によって誘発される断面データをそのまま利用できるからです:

http://www.ccfe.ac.uk/easy-data/FISPACT … 31data.tgz

圧縮ファイルのサイズは約26 MBです。これにより、ユーザーはENDFdata下でのFISPACT-IIのインストールディレクトリ内の非圧縮ファイルをインストールすることをお勧めします。

注:銀、カルシウム、カドミウム、Clで、銅、ゲルマニウム、水銀、K、S、Snを、タリウム、Vを、WおよびZnは、多くの活性化の分析に適していない元素の評価として与えられています。

Michael Fleming http://www.ccfe.ac.uk/researcher_detail.aspx?id=92 UK Atomic Energy Authority D3/1.56 Culham Science Centre Abingdon, OX14 3DB United Kingdom

Leave a Reply