メソッド

高度な核データフォーム 多種多様なアプリケーション上で堅牢なシミュレーションを提供するために、粒子誘起反応、粒子誘発性と自発核分裂収率は、T15vE71崩壊データ、ハザード指数と確率テーブル:FISPACT-IIは、核データを含むフォームの範囲を利用しています。これは、世界中から最も近代的な評価ライブラリと完全な、技術ライブラリTENDLとGEFYが含まれています。特にすべての厩舎が含まれていません – 最新TENDL-2015ライブラリは、ENDF / B-VII.1ライブラリ内の423と比較して、2809年目標の核種のための完全なファイルが含まれています。これは、省略することにより、エラーのリスクなしロバストシミュレーション方法を提供する千hundredいくつかの反応チャネルの拡張減衰ライブラリーと組み合わされます。 TENDLは、全ての反応チャネルをシミュレートするために、すべてのレガシーENDF6ライブラリと最も完全なリファレンス核パラメータのライブラリを取る最も先進的なTALYSベースのコード・スイートの年間製品です。最近のライブラリは、国際協力とUKAEAによってコンパイルされ、いくつかの検証および妥当性確認報告の対象とされてきました。

不確実性の定量化と伝播
Heat_uqp

経路ベースの反応速度の不確実性およびTMC核分裂収率のサンプリングからの崩壊熱と不確実性。シミュレーションはCASMO-5原子炉のシミュレーションを用いて、高浜アセンブリSF97-1の場所にあります。

FISPACT-IIは、洗練されたTENDL核データフォームで、手に手袋に合うように設計されています。これらはすべて、反応流路を完全にエネルギー共分散を含みます。他のライブラリについては、FISPACT-IIは、すべての反応のための1つのグループ反応速度の不確実性を生成するために、入射粒子スペクトルを崩壊、同様に別の共分散ファイル形式に対応することができます。それだけでは彼らは非常に有用ではないが、感度/不確実性が、反応速度の不確実性を分析または経路をベースと相まって、これらは、観測のための信頼性の不確かさの値を生成します。 FISPACT-II内の経路の不確実性には、いくつかの重要な核種の産生をもたらす反応/減衰パスを識別するために有向グラフ論的アプローチに依存しています。任意の必要な応答(熱、活性など)のための支配的な核種は、ソルバーの段階で移入され、最終的な核種に大きく貢献するリンクのすべての組み合わせを識別する剪定アルゴリズムに渡されます。各崩壊半減期および反応速度の不確実性は、最終的な核種のインベントリに強固な不確実性を提供し、各パスの不確実性を決定するために結合されます。 これらの不確実性を用いて行うことができるような感度分析などの他の方法によって補完することができる内蔵直接核データの不確かさを読み取り、有効完全なシミュレーションを介してそれらを伝播サンプリングエンジン。別の方法として、サンプリングされた核パラメータ入力から生成された核データファイルのセットを使用しています合計 – モンテカルロ法、です。完全に一致し、完全な核データファイルのサンプリングはチャネル、エネルギーやファイルの他のすべての側面との間の相関の効果の完全なセットを提供します。
反跳、PKAスペクトルおよび材料のシミュレーションインプット 核反応から生じる残留し、放出された粒子のエネルギー分布の計算は、材料中の放射線損傷のモデリングに重要な入力です。スライディング種、または一次ノックオン原子(PKA)は、生命を制限する結果を伴う構造的損傷の蓄積につながる、原子変位のカスケードを誘導することができます。 FISPACT-II内では、入力された中性子スペクトルとフラックスにさらさ核種のインベントリのためのこれらの分布の出力がでアルゴンヌ国立研究所で書かれた歴史的なコードの亡霊を改善アップデートとspectra pkaと呼ばれる特別に書かれたルーチン、によって達成されます Greenwood and Smitther。によって1980年代。 spectra pkaは、おそらく照射期間の後、時間t = 0で、または後でかもしれない現在の在庫のすべての核種のための反跳エネルギー断面行列、対入射エネルギーのフルセットで入力された中性子スペクトルを崩壊します冷却。得られた反動ディストリビューションで、インベントリ内のすべての核種ごと(オープン)反応チャネルのための1つは、その後、在庫核種画分に応じてスケーリングされると核種と要素の両方の機能、原子論的計算に後者は特に関連するものとして、適切に加算します材料のモデリング。 spectra pkaのより完全な説明はこの文献に提供されています dx.doi.org/10.1016/j.jnucmat.2015.09.023
自己遮へい因子 GroupWiseの断面のための自己遮蔽因子(SSF)はENDF-6フォーマットされた核データのために供給確率テーブルを使用して計算されます。これらは、未解決、U8_RR 解決共鳴範囲の両方をカバーし、SSF計算のためのさまざまなオプションを提供しています。例えば、要因は、関心のある任意の反応チャネル上および核種や反応の任意のセットに対して、合計またはマクロ部分断面に対してとmultiplicitive要因として、または直接得セルフシールド断面として適用することができます。より多くのリクエストに応じて利用可能にすることができるものの、テーブルが唯一の標準リリース内の核データライブラリを選択するために提供される可能性に注意してください。 SSFは、その構造によって、温度および材料依存効果を組み込み、直接PROBTABLE、SSFFUEL、SSFCHOOSEとSSFDILUTIONキーワードを使用して制御することができ、確率テーブルの読み取り、インクルードする核種、含まれるように反応し、上の希釈値を上書きするオプションを制御しますエネルギーグループ依存ベース。図示の例では、CASMO-5(黒)及びエネルギー依存反応速度(青)により算出PWRスペクトル上に重ねU238捕獲反応率(赤色)のための自己遮蔽要素を含みます。 正確に任意の非treshold反応に使用することはできませんレガシーEAFライブラリには自己遮蔽オプション(または実際には温度依存性)がないことに注意してください。ユーザーは強く、これらの制限なしに核データライブラリにアップグレードすることをお勧めします。