フュージョン崩壊熱

完全なレポートはここにあります: Decay heat validation, FISPACT-II & TENDL-2014, JEFF-3.2, ENDF/B-VII.1 and JENDL-4.0 nuclear data libraries CCFE-R(15)25
核融合中性子源の実験結果 14 MeVの中性子は、静止トリチウム担持チタンターゲットに衝突するの2mA重陽子ビームによって生成されます。サンプル位置での全中性子束は、この実験のために、1.0×1010 [n個のCM-2、S-1]、欧州共同トーラス(JET)融合の第1の壁のような大きさと同程度の範囲であります実験時にDTプラズマでオペレーティング。しかし、FNSでの照射時間は、DTE1 JET融合1996年キャンペーン期間中に達成し、数秒フラットバーンと比較して5分7時間でした。基準点として、発電所における全光束は、典型的には、1013または1015の領域にあることが期待される[n個のCM-2、S-1]、JETまたはFNSよりも大きさの3~5 OR- ders高く、およびまた、はるかに長い照射時間のために。 薄いサンプル、25×25エリアに平方ミリメートル、典型的には厚さ10μmは、テープの間に挟まれた金属箔または粉末としてのいずれかで、使用されています。薄いサンプルの使用は、試料自体に放出されるβ線の自己吸収を最小化し、それらの測定を可能にします。 74の異なる材料の総量は、実験の異なるフェーズ間で使用されてきました。
各照射された試料中の崩壊エネルギーは・メジャー、幾何学的配置に二つの大きなビスマス – ゲルマニウムBGOシンチレータを備える全体のエネルギー吸収分光計(WEAS)、中suredβ、γ線の両方にほぼ100%の検出効率を提供しました。補正係数は、γ線の効率化と、(一般的に15%未満)の試料自体はβと電子エネルギー損失のため、このようなpow-デルに使用されるプラスチックテープに起因する崩壊熱のような他の効果を適用する必要がありますサンプル。それは、特定のサンプルのための特定の冷却時のより高いレベルに上昇するが、全体的な実験的不確実性は、ほとんどの場合、6〜10%の間で合計します。 WEASはあ​​まり長い半減期を持ついくつかの核種の測定のための価値がある1とpW、より力に至るまで、高い感度を提供します。また、広いダイナミックレンジを有する:数mWまでの測定値は、実験で達成されています。 行っFISPACT-IIシミュレーションと組み合わせ原子力機構FNSでの実験時間に依存する減衰力測定プログラムは、分析材料サンプルのセットの減衰力の予測に関連した計算法と核データベースのユニークなチェックを提供します。比較の結果は、FNSで、主に14 MeVの中性子スペクトルが、計算された崩壊熱の値のほとんどに自信を与え、他のデバイスでの重要性の低い中性子エネルギー反応はまだ完全には考慮されていないことを意味します。この文は、検証と識別された経路を介して、予測減衰力に、本研究で到達可能な結論の範囲を制限します。しかし、それは関係なく、彼らの生産経路の関与すべての同位体の崩壊データをカバーしています。
実験的な不確実性、計算上の不確実性およびE / C値が系統的に製造されています。 (; V V&アンペア)TENDLの不確実性のファイルは、さらに、同じラインに沿って改善することができる、とすることをその直接の比較はFISPACT-IIコードシステムでこれらの計算上の不確実性を計算して伝播するために選択された方法を検証し、検証されることを示しています。 全体的な結果から、不備のセットは、断面でも崩壊ライブラリだけでなく、取るべきいくつかの是正措置が必要となることが確認されています。これらの修正および/または改正はTENDLライブラリ断面、関連する分散と共分散の次の世代の利益、およびデータファイルを減衰します。予想されるように、それらは全体像を損なうことなく、生産経路及び/又はいくつかの特定の放射性核種の崩壊データの両方に影響を与えます。 TENDL-2015でこの検証演習で計算された減衰力の大部分は、数十秒から及ぶ回を冷却するための実験値と(数%以内)よく一致している、これは異性体の空間内でユニークな洞察力です、年以上まで。