05
7
2016

利用可能TENDL-2015核データ

709グループ構造ENDF-6形式のファイルでTENDL-2015中性子によって誘発される断面データをそのまま利用できるからです:

http://www.ccfe.ac.uk/easy-data/FISPACT … 15data.tgz

圧縮ファイルのサイズは約6.7 GBです。非圧縮データのサイズが30 GBを超えるです。これはかなりの量のデータが含まれていることに注意してください:

– Neutron-induced data
—-> 709 group cross sections for 294K, 600K, 900K, kT=5keV and kT=30keV
—-> Probability tables for 709 group cross sections at 294K, 600K and 900K
—-> Neutron-induced fission yields from GEFY-5.2
—-> PKA spectra for all neutron-induced reactions

– Proton, gamma, alpha and deuteron-induced data
—-> 162 group cross sections
—-> UKFY-4.1 charged particle fission yields

– GEFY-5.2 spontaneous fission yields

これにより、ユーザーはENDFdata下でのFISPACT-IIのインストールディレクトリ内の非圧縮ファイルをインストールすることをお勧めします。

Michael Fleming http://www.ccfe.ac.uk/researcher_detail.aspx?id=92 UK Atomic Energy Authority D3/1.56 Culham Science Centre Abingdon, OX14 3DB United Kingdom

Leave a Reply