05
7
2017

ICTPトリエステ核データワークショップ10月2日〜2017年

申請のための核反応データの評価に関する共同ICTP-IAEAワークショップは、2017年10月2日から3日にトリエステで開催される。登録手数料はない。 申請期限は2017年7月15日です。 詳細については、 http://indico.ictp.it/event/7994/
Continue Reading →
20
6
2017

TALYS / TENDL開発に関するワークショップ、2017年11月13-15日、プラハ TALYS/ TENDL kaihatsu ni kansuru wākushoppu, 2017-nen 11 tsuki 13 – 15-nichi, Puraha

TALYS / TENDL開発に関する次のワークショップは、2017年11月13-15日にプラハの加速器および核分析法センター(CANAM)で開催される予定です。 登録と抽象提出期限は8月15日です。 詳細は発表をご覧ください: TALYS/TENDL Announcement Workshop Announcement
Continue Reading →
05
7
2016

利用可能TENDL-2015核データ

709グループ構造ENDF-6形式のファイルでTENDL-2015中性子によって誘発される断面データをそのまま利用できるからです: http://www.ccfe.ac.uk/easy-data/FISPACT … 15data.tgz 圧縮ファイルのサイズは約6.7 GBです。非圧縮データのサイズが30 GBを超えるです。これはかなりの量のデータが含まれていることに注意してください: – Neutron-induced data —-> 709 group cross sections for 294K, 600K, 9
Continue Reading →
05
7
2016

利用可能CENDL-3.1核データ

709グループ構造ENDF-6形式のファイルでCENDL-3.1中性子によって誘発される断面データをそのまま利用できるからです: http://www.ccfe.ac.uk/easy-data/FISPACT … 31data.tgz 圧縮ファイルのサイズは約26 MBです。これにより、ユーザーはENDFdata下でのFISPACT-IIのインストールディレクトリ内の非圧縮ファイルをインストールすることをお勧めします。 注:銀、カルシウム、カドミウム、Clで、銅、ゲルマニウム、水銀、K、S、Snを、タリウム、Vを、WおよびZnは、多くの活性化の分析に適
Continue Reading →